How to get unlimited free Facebook Likes on any post

Excuse the rather spammy title. This caught my eye today – some academic research into how companies can game Facebook Likes to beef up their social stats. It reminded me of something I discovered about Facebook Likes when putting together this piece about social share counts – there’s a fairly ridiculously simple way to game the system and create infinite (note: I have not tested this theory to infinity) Likes on any page.

It’s taking advantage of the fact that Facebook counts any interaction on a post as a “Like” in their social widget – so by creating a bunch of interaction you can bump that number up. The research mentioned above concerns people “Liking” Facebook pages, which is slightly different and a metric companies can pay to boost – hence the outrage. The fact that holes in the Liking system are so easy to come by is certainly concerning though, given it’s become something of a currency online these days.

My scam goes like this – choose the page you want to promote and post it to Facebook but (assuming you want to hide your nefarious Like-gaming) set the privacy to “Only me”.

Post the post, like it, and comment on it. Every time you comment on it the count on the page will increase by one. Here’s the count for this post:

And here’s what I’ve been getting up to on my Facebook page:

Facebook silliness

7 thoughts on “How to get unlimited free Facebook Likes on any post

  1. [url=http://www.brandiwc.com/brand-super-4-copy-0.html]自販機を管理しているコスモベンディングに問い合わせがあったのはその投稿から2日後のことだった。ねとらぼの取材に答えてくれた担当者によると、「焼肉のたれを製造するメーカー関係者が現地に確認しに来て」拡散を知ったという。すぐに当該の自販機に「インターネット上に『自動販売機から焼き肉用のタレが出てきた』という噂が流れておりますが事実無根のデマです」と貼り紙をして対応する事態となった。場所も示されていたため実際に購入しに来た人もいたようで、それらしき人が貼り紙などを撮影している姿を確認しているという。[/url]

  2. [url=http://www.gowatchs.com/brand-189.html]宇宙を見上げてみましょう。宇宙には重い重い天体がいっぱいありますので重力波のもととなるものはいろいろとありますが、一番わかりやすいものが2つのブラックホールがお互いを中心としてグルグル回っているときの重力波です。[/url]

  3. [url=http://www.newkakaku.com/chz1.htm]コンセプトである「壁やテーブルに置いて手軽に映像を楽しめる」を実現するため、ローボード型の4K対応超短焦点プロジェクタ「LSPX-W1S」の技術を応用し、従来よりも光学系の小型化を実現。投写口をシンプルなデザインに落とし込んだ。画質の高さにこだわり、筐体の向きや投写面との距離に応じて作動するオートフォーカス機構の採用、冷却ノイズの低減など、ストレスなく映像を楽しめる仕組みも盛り込んだという。[/url]

  4. [url=http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N51261.html]たしかに近頃、「分析美学」という学問分野は、新しく、盛り上がっている学術分野だという印象を与えているようだ。日本では2013年に『分析美学入門』(勁草書房)、2015年には『分析美学基本論文集』(勁草書房)といった翻訳が刊行され、2015年秋の分析美学をテーマにしたブックフェア(紀伊国屋書店新宿南口店開催)は記録的な売り上げを残した(注1)。だが困ったことに、分析美学というのは、新しく現れてきた学問でも、最近盛り上がっている学問でもないのだ。[/url]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *